ダイエット 食材 簡単 ダイエット ‐30代女性向け 芸能人・モデルが使うダイエットアイテムとは?

ダイエット 食材

ダイエット 食材一覧

大豆ダイエット

むくみによく効くダイエット法として大豆ダイエットがあります。

大豆には体内の水分を調節してくれる利尿作用があり、
水太りやむくみに大変効果的です!

またコレステロールを減少させるこうかもあり動脈硬化を防いでくれますので
健康にもよい食品ですね。

むくみや水太りで悩んでいる方は大豆ダイエットはおススメですね!

納豆ダイエット

納豆ダイエットも有名なダイエット法の一つですね。

納豆はダイエット効果の高い大豆が利用されていますし、大豆よりも
消化のよい食品ですので下痢や便秘の解消に役立つ食品です!

納豆ダイエットは健康を守りつつダイエット効果を発揮できる優れた
食材なので納豆ダイエットはおススメです!

トマト寒天でダイエット

寒天ダイエットの有効な摂取法は牛乳寒天のほかにもあります。

それが、トマト寒天です。

トマト自体もダイエットに使われる食材であるため、そのダイエット効果と
健康維持には着たいできます。

作成方法もいたって簡単、トマトジュースを300ccと寒天1本、
水200ccを使うだけ。

寒天を水で煮て、トマトジュースを加えます。
少し煮たら冷蔵庫で冷やすだけ。

トマト寒天もお手軽に作れてダイエット効果をきたいできる優れた食材ですね。
寒天ダイエットをお試しの際はトマト寒天をためしてみてはいかがでしょうか。

アミノ酸ダイエット

人間の体の中にはリパーゼという脂肪燃焼酵素があり脂肪を分解してくれる
役割があります。

この効果を大きくしてくれるのがアミノ酸ダイエットであり、
アミノ酸ダイエットが話題になっている理由ですね。

そして基礎代謝をアップするために必要な筋肉を作ってくれるのも
アミノ酸ですね。

コラーゲンもアミノ酸が主成分であり、
アミノ酸は美容健康ダイエットに非常に効果的な栄養素なのです!

オススメの食べ合わせ

食事の際、血糖値が突然上がってしまわないような食べ方をオススメしたい。
GI値(血糖値が上がるスピード)が高いものを食べる場合にはその上昇を抑えてくれる「繊維質」「乳製品」「酢の物」と一緒にどうぞ。例えばパスタには粉チーズ・パンには牛乳・フライは南蛮漬けに・・などなど

きのこ

超低カロリーでありながら、ビタミンB群や食物繊維が豊富。便秘を解消して
嬉しいのは脂肪がたまるのを防いでくれるということ。
料理に使うと見た目にもボリュームができて嬉しいですね。
食べ方もいろいろです。スープや鍋、炒め物・炊き込みごはん・パスタなど・・

きのこはダイエットの強い味方です!
大いに取り入れてみましょう

粉ミルク・スキムミルク

粉ミルクは赤ちゃん用の飲み物ですが、栄養バランスも腹持ちも良い栄養食品です。
粉ミルク60〜70gをお湯250ccでといて飲みます。

スキムミルクヨーグルトが話題ですが、
ヨーグルトに混ぜることによって腸の掃除をしてくれます。

便秘の方にはぜひ取り入れることをオススメします。
ただし、あまり大量に摂取しすぎると下痢になる可能性もありますので注意してください。

五穀ミルク

五穀ミルクは、

栄養バランスの良い五穀、これを牛乳に混ぜて飲みます。
カルシウム・ビタミンB2がたっぷりで食物繊維が豊富なので食前に飲むことで食事量を減らすことができます。

作り方は簡単

お好みの五穀(玄米・赤米・麦・はとむぎ・あわ・ひえ・きび・大豆など)をすり鉢で細かくします。細かくした方が吸収率が上がるのでできるだけ細かくしましょう。

フライパンを使って弱火から乾煎りします。きつね色になったら
火をとめて冷まします。

牛乳200ccに、ティースプーン2杯ほど入れて混ぜたら完成
お好みでハチミツを入れてもおいしいですよ

唐辛子で脂肪燃焼

唐辛子に含まれるカプサイシンが脂肪燃焼を助けます。
この効果は運動と組み合わせると、さらに倍増です。

唐辛子がたくさん使われているキムチも有効ですがあまりとりすぎると、
胃を荒らしてしまいますし、塩分過多になってしまいます。

グレープフルーツ

ラズベリー同様香りで痩せると話題のグレープフルーツ。

確かに柑橘系のこの香りはリラックス効果とともにイライラもなくなりニセの食欲にまかせて食べるという行為を防げます。また、基礎代謝に促進やむくみ解消にも効果があります。

その他にも、脂肪燃焼・コレステロールの低下にも役立ちます。
忙しい時には100パーセントジュースで対応しましょう。

こんにゃくの効果

ビタミン類が不足するので、こんにゃくだけというダイエットは決しておすすめしませんが、超低カロリーで食物繊維もたっぷり、満腹感を与えてくれる上に腸のお掃除もしてくれます。

最近はこんにゃくをおもお米に混ぜて炊いて摂取カロリーを抑えるというものが市販されています。
こういうものを適度に取り入れるのも良いかもしれませんね。

パイナップル

パイナップルは、

1日3食のうち1食をパイナップル150グラム摂ることを意識してみましょう。
3食ちゃんと食べて、おやつにする方法もあります。

脂肪燃焼を助け、消化促進・疲労効果もあります。また、食物繊維たっぷりで
お通じもすっきりです。

ただし、パイナップルだけ、という単品ダイエットは絶対にしないように。
バランスが悪くなります。

きなこ牛乳

きなこ牛乳は、

牛乳200ccにきなこ小さじ2杯いれた飲み物を1日1〜2回飲みます。
ヨーグルトに混ぜても美味しいですが、味がなくて食べづらい場合はハチミツなどを加えるとまろやかになって食べやすいです。

きなこは、たんぱく質・脂質・ビタミンB1・B2・ミネラルがバランスよく含まれ、大豆そのものよりも吸収されやすいのが特徴です。

うまく食事に取り入れてみてはどうでしょうか

簡単ダイエット人気アイテム